のだめカンタービレ 21

4.7
出版社:講談社 出版日:2007年 価格:420円

おすすめのオンライン書店

ウェブ本棚・ブックレビューサイト

レビューがあるオンライン書店

書店員のレビューがあるオンライン書店

ダウンロード

その他の便利サービス

セブンネットショッピングのレビュー


コミック万々歳!!

【発売日】

8/11

【入荷しました!】

有名ピアニストの息子でエリート音大生の千秋真一。ヨーロッパで指揮の勉強をしたいと思いつつも、飛行機恐怖症のため渡欧できないでいた。そんな彼の前に突如現れた不思議少女・野田恵。ゴミ溜め部屋に住む彼女はとんでもなく変人だった・・・のだめタイムが動き出す。クラシック音楽コメディ!【TVアニメ化作品!】【TVドラマ化作品!】

★この作品以外にも8月発売の作品を多数揃えていますので是非お店の方も覗いて見て下さい♪


こんなのどうでしょう?

千秋とRuiが奏でるラヴェルはのだめの心にどう響くのか?
 
公演に向けてRuiと練習に励む千秋。Ruiが弾くラヴェルは、千秋が思い描いていた音だった!それは、いつかのだめと奏でたい音——。一方、猛勉強の成果でオクレールを認めさせたのだめ。しかしRuiも同じ門下生だと知り……。ショックを受けたまま、Ruiと千秋の協奏曲(コンチェルト)を聴いたのだめは!?


にゃみぽん堂

ほのぼのとした日常のギャグがいい。
演奏シーンでは音楽が聴こえてきそうです。


ぐりの本屋さん

最新刊☆22巻は夏発売だっけ??早く続きが読みたい!


ありんこの小さな本棚

【お勧めポイント】・クラシックがわからなくて上等・ちょっとくらい自分の部屋が綺麗に見える・読んでると音楽がしたくなる・隣人に千秋のような男前がいたらいいなーと思い、気にし始める・時に挫折や夢という点での悩みに共感し、勇気を与えられる・のだめの奇声が心地よくなってくる


Blue Moon

20巻まで図書館で読んで済ませていたのですが、初めて購入してしまいました。なんというか、すごく切ないです。一番切なくて、ところどころギャグはあるのに、のだめの苦しさや悲しさが切なくて。最後にミルヒーことシュトレーゼマンがいいとこかっさらっていって、「この人こんなカッコよかったけ?」と思わず目を疑ってしまいました。22巻が待ち遠しくて仕方ないです。これで私ものだめにディープにはまってゆくでしょうな。


おばかさんに乾杯

表紙の、のだめの演奏する楽器が楽しみです。今回は何も持ってない、いいえ、のだめ自身が楽器なんですね。


魚濫観音堂

のだめカンタービレ最新刊です。


HAHAYA

まってました!!期待を裏切らない展開です。随所に散りばめられた「笑いのツボ」が、(特にワンちゃんのうんこの場面)が、芸術を極めるものが遭遇するとっても辛いシリアスな内容を和らげ、そして、のだめの成長が楽しみでたまらなくなる最後・・・。まだまだ続きますね。うれしいです!!!


ちよこ の本棚

ヨーロッパに奇人変人アリ、な、のだめワールド! ・・・音楽漫画です。


デジタリウス

クラシック音楽の演奏家の卵たちが主人公のマンガ。貴公子然としたピアニストの千秋と、やはりピアニストの野田恵が互いに刺激して、より高いレベルへと引き上げられていく。その過程のドタバタが魅力……と書くと普通の話だが、のだめの破天荒さで作品の幅を押し広げているところが肝か。


熱帯雨林

オクレールの指導をうけて真剣にピアノの特訓に打ち込むのだめ。一方千秋と少しすれ違い・・・。そんな微妙な関係の中、ルイと千秋のコンサートをみたのだめは愕然とする。音楽と恋愛。天才と呼ばれる若き音楽家たちの苦悩が笑い90%くらいで描かれる。何度も音楽と千秋との才能の差にぶつかるのだめだけど、ちゃんと乗り越えて成長しているさまがマンネリ化せずに描かれている。落ち込むのだめとシュトレーゼマンとのやりとりは今までで一番ぞくぞくしました。才能を見せ始めたのだめに魔の手が!続きが気になる!

同じ『二ノ宮知子』の本

もっと『二ノ宮知子』の本を見る

同じ『講談社』の本

もっと『講談社の本を見る

ISBN

  • ISBN-10 : 4063407128 (4-06-340712-8)
  • ISBN-13 : 9784063407129 (978-4-06-340712-9)