エルマ-のぼうけん

4.7
出版社:福音館書店 出版日:2009年 価格:1260円

おすすめのオンライン書店

Amazon

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)

レビュー:?件
著者:ルース・スタイルス・ガネット
出版社:福音館書店
   ある雨の日、9つの男の子、エルマー・エレベーターは年とったのらねこから、かわいそうなりゅうの子どもの話を聞く。「どうぶつ島」に落ちてけがをし、野蛮な動物たち…続きを読む

ウェブ本棚・ブックレビューサイト

レビューがあるオンライン書店

書店員のレビューがあるオンライン書店

ダウンロード

その他の便利サービス

セブンネットショッピングのレビュー


まま♪てぃーちゃー

店長が小学生の時大好きだった先生に読み聞かせしてもらった覚えがあります♪今読むと、外国語訳だから文体が結構難しい気がする。でも、世代を超えて、今のお子様たちも喜んで読んでいますよ♪漢字は「島」「川」「水」くらいで数も少ないです♪


ぽくぽくぽっけ*

エルマーが一人冒険に出て、つぎつぎ怖い動物に会うたびにドキドキハラハラする。絵を見せずに読み聞かせも可能だけど、小学生が読み込むのにも向いている。


きらりん館

 誰もが、どきどきしながら読める本です。りゅうを助けるために冒険に出たエルマー。途中いろんな動物達と出会い、困ったことになりますが、リュックの中身を使って危機を脱していきます。3冊のシリーズ物です。ぐんぐん引き込まれてあっという間に読んでしまいますよ。最近子どもの学習発表会で、このエルマーの冒険の音読劇をやってありました。ずっと読み継がれ、評価されて来たステキな本です。


ワンドゥードル書房

少年エルマーが無人島を探検して、かわいそうなりゅうを助けに行くお話。絵本コーナーで紹介したぞうのエルマーとはべつの作品です。
息子の6歳の誕生日に買ってやりました。みかんの皮をながぐつのなかに隠すところが面白かった、だそうです。子供のころ読んで以来、数十年ぶりに店長も再読しましたが、大人も十分楽しめる内容。


にょろにょろんま

なつかしー!
エルマー少年は年老いた猫からりゅうの子供が危険な動物島に捕らえられていることを聞く。猫のアドバイスのもと、家からいろんなものを拝借し、いざ!動物島へ!!

この話を読んでりゅうが飼いたくなったり、三つ編みの練習がしたくなったり、サンドイッチにゼリーをはさんだりしませんでしたか?
私はしました!サンドイッチにゼリーは合いません!

他に「エルマーとりゅう」と「エルマーと16ぴきのりゅう」があります。たしか。


移動図書列車

子供に読ませてみたところ、ドキドキして、早く先が知りたいってカンジで最後まで一気に読んでしまいました。大人が読んでもドキドキの冒険です。


そらのそこ書店

冒険と言えば、やっぱりエルマーが頭に浮かびます。並んだワニの上をピョンピョン飛び越えてみたい!


eruta

ふしぎなねこから聞いたどうぶつ島にとらわれているりゅうの子を助けるためエルマーは冒険のたびへ。とうもろこし袋にはいっていくのもどきどきだしでてくるどうぶつたちの難題をリュックのなかのもちもので解決しながらたすけにいくエルマーはとても想像をふくらませてくれるし心に残る本になれると思います。まずは読んで見てね。


たけのこ堂

空を飛んでみたいと思っていた男の子エルマーが、ある日年取った野良猫に出会う。
その猫が『どうぶつ島』で知り合ったりゅうの子は、どうぶつの川を渡る手段として無理やり働かされていた・・・
その話を聞いたエルマーは、りゅうを助けようと『どうぶつ島』へと向かい・・・。
トラにチューインガムなど、りゅうを助け出すまでの道のりが楽しい、不思議なファンタジー


絵本ショップ

エルマーの知恵と勇気で、どの巻もぐんぐん盛り上がる楽しい冒険物語です。
男の子には迷わず選ぶシリーズです。


AmicoBOOKS

子供達に人気の冒険のお話しです

3部作なのでとてもおもしろいです。


プラス+ハッピー♪

勇気ある少年エルマーが冒険する!!ハラハラドキドキな展開!エルマーの勇気を忘れたくはない!!


しろくま書店

小学4年生の時に、初めて自分のお小遣いで買った本。
「エルマーのぼうけん」「エルマーとりゅう」「エルマーと16ぴきのりゅう」という3冊セットで買い、何度も何度も読みました。
こんなにおもしろい本は、他に思いつかないです。


ママの店

幼稚園で読み聞かせをしてもらってから、大好きになった本。クラスの男の子の大半がはまっています。年長の男の子にお薦めです。


読書の時間

初めての絵の少ない本です。しおりのひもが気に入ったようで途中でやめるときはうれしそうにはさんでいます。


にゃんちゅうのお店

長男が年長の時に、読んでもらってすごく面白かったそうです。その後自分で読みその時もすごく面白かった。三冊とも大事にしていました。


無造作無頓着ちらかり放題。

海外児童書で、ファンタジーの登竜門というか最初の入口、のような気がする作品。物語はいたってシンプルで、少年エルマーの冒険(まんまやんけ)。エルマーが持てる限りの知恵で窮地を切り抜け、友情を育んでいく姿は読んでいる側からしても嬉しくなっちゃうくらい。小学校低学年の優良図書だった気がするけど、実際に読んだのは友人宅から借りてきて。3冊、一気に読んだんだけど、読み終わって嬉しいやら勿体無いやら・・・。カラフルな表紙も好きだったなぁ。続編の「エルマーとりゅう」、「エルマーと16ぴきのりゅう」も好きだけど、やっぱりこの1作目の表紙がずーっと心に居座り続けてる。


ほんわか書房

冒険といったらこれです!表紙裏の地図にワクワク!エルマーの持ち物にワクワク!動物に見つからないように・・・見つかったらこれを使って・・・もう、絵本の世界に入り込んでいました。これも、オペレッタなどに使えます!


RELAX BOOKS

私が大好きだった本です。幼稚園、小学校の図書室で何度も何度も読んだ思い出があります。


そらの本屋

男の子がひょんなことから竜の子供を助けに行くことに。。。ずいぶん前に書かれた作品なので、いいまわしがちょっとレトロですが、それもまた味があります。男の子のリュックの中身が細かく書かれていて、それが冒険の中で使われていく過程もおもしろいです。


たぬきの本棚

絵、ストーリー、本自体のたたずまい。


ペパ&ミン ぶっくす

大事な作品を今頃思い出すなんて〜。定番、といってもいいですよね。私も子供の頃何度も読み返しました。エルマーがとらえられたちびりゅうの家族を助けに行くお話。何が子供の心をとらえるのか?といえば、旅立ちの前の荷造りじゃないでしょうか?選りすぐりの小道具が、あとあとになってピンチの際切り札になるのですから。古典、といってもいいかと思いますがもののためしに子供達に読んでやると、前のめりになって聞いていました。毎晩のどがカラカラになりましたが、読んだ甲斐がありました。


小中学生の本棚

誰もが知っている名作!幼稚園で先生がお帰りの会に毎日少しずつ読み聞かせてくれた作品。自分で読んでさらに楽しい。全3巻


気まぐれ本屋

幼稚園のとき先生が何日にもわたって読んでくれました。ドキドキわくわくしたのを覚えています。絶対娘にも読んであげたい本です。


あたしの部屋

すごくドキドキしながら読んだ記憶があります。


そらの本屋

男の子がひょんなことから竜の子供を助けに行くことに。。。ずいぶん前に書かれた作品なので、いいまわしがちょっとレトロですが、それもまた味があります。男の子のリュックの中身が細かく書かれていて、それが冒険の中で使われていく過程もおもしろいです。


イワマサブックセンター

エルマーが様々な動物たちに出会います。動物たち・ところどころに出てくる食べ物の描写がたまりません!続きもので、他にエルマーのりゅう、エルマーと16ぴきのりゅうがあります。


おててつないで

幼稚園のころに読んで見ました。絵が少ないので早かったかな?って思ったけど夢中になって全シリーズ読みました


ぷいぷいくるみえほん

エルマーは9歳の男の子なんです。そして囚われたりゅうを助けに旅に出ます。わたしもエルマーと同じ歳のころ、何度もこの本を読みました。エルマーの勇気ある行動力と、ピンチを脱する機転には脱帽。子供の頃は、こんな旅がしてみたかった・・・「エルマーとりゅう」、「エルマーと一六ぴきのりゅう」と続きます。多分読み始めたら全部欲しくなってしまうハズ。。


ほのぼの・ほんや

これは小学生のときに読んだお話です。エルマーという少年が勇猛果敢に動物と渡り合っていてこどもながらにハラハラしながら読んだり読んでもらったことを思い出します。小学校低学年のお子さんにいかがですか?


・:*:おそらのてんし:*:・

動物島に捕えられているりゅうの子を助けるため、エルマーは冒険の旅にでかけます……。広がる空想、ユーモア、リアリティー。幼年童話の最高峰の一つとして読みつがれています。


MOON☆書店

エルマーがりゅうを助けるために、どうぶつ島をぼうけんするお話です。トラに、チューインガムをあげて、嘘をついたりするところがおもしろいです。続きで「エルマーとりゅう」「エルマーと16ぴきのりゅう」というお話もあります。


空猫堂

子供のころ、図書室で借り続けた1冊。多分あの時エルマーと一緒に冒険をしていたんだろうなあと思います。冒険に行くための支度のくだりが好きでした。棒付きキャンデーをお忘れなく。


mama★collection

『エルマー3部作』の第1作です。絵本ではありませんがぜひお子さんに読み聞かせてあげたいシリーズです。■文字数:多■文字大きさ:小〜中■オススメ時期:4歳〜■ジャンル:冒険ファンタジー


ほし☆の絵本屋さん

少年エルマーは、のらねこからどうぶつ島にとらえられている竜の子の話を聞き、助けに行って・・。ドキドキワクワクの愉快で素晴らしい冒険の旅のお話。裏表紙には冒険する島の地図が説明入りであり、読むたびに地図で探したりして楽しめます。


気ままに書店

歳老いた猫に教えられ、動物島に捕えられているりゅうの子を助けるため、エルマーの冒険が今始まる!この話は3部作になってます。有名ですよね?w小学校の時、先生が給食時間に読んでくれたんですよ〜。もー、続きが気になって×2w


むじ書房

イラストがとても素敵です。子供の頃読んだときは、ちょっと不気味な気がしたのですが・・・


葉月書店

何度読み返しても飽きません!エルマー少年の機知に富んだりゅうの子を助けるための冒険談です。
 エルマーが旅の準備をするくだりもわくわくとさせられて楽しいんですよね。
 シリーズはこの続編として「エルマーとりゅう」「エルマーと16ぴきのりゅう」がでてます。 


hello!cosmos

エルマー3部作の始まりのお話。エルマーは無事りゅうを助け出せるのか?


如月六花書房

コメント準備中です。


むぅぶっくす

小学校の図書館で何回も読んだ記憶が残っています。1997年に「エルマーの冒険」は映画にもなりました。


ごまお書房

動物島に捕らわれたりゅうを助けに、エルマー君が冒険に出発!島で出会う様々な困難も、エルマーの機転で、家から持っていった色んな道具を使ってばっちり解決!今読んでもハラハラドキドキ、充分楽しませてくれる名作です。


「いまさら屋」 でございます

今更ですが…。美しい挿絵の名作ですよね。黄色と空色の竜がかわいい。家で読み聞かせようと思ったのですがウチの子は逃げ回ってます。勧め方が悪いのかな…。


子ども堂

これは面白いです。幼稚園の子どもたちにも読み聞かせできそうな。☆エルマーは野良猫と仲良くなり、みかん島やどうぶつ島、そしてどうぶつ島でこき使われているりゅうの子どものことを聞きます。りゅうの子どもを助けるべく、エルマーは船に乗り込みます。☆冒険中、エルマーは何度も動物たちに見つかって、食べられそうになりますが、その都度、機転の利いた提案で、トラにガムをかませたり、サイに角を磨かせたり、ライオンに鬣を結ばせたりして、ピンチを乗り越えます。続きがとっても気になる本です。


読み聞かせ専門店・るう

男の子にはたまらない冒険ものです。地図もまた楽しくて、見ているだけでもワクワクします。


みんなを絵本にする本屋

有名なお話ですね。以前は教科書にも載っていました。エルマーの行く先々いろんな動物が現れ、いろんな冒険をします。私はこの本の表紙みたいにライオンのたてがみを三つ編みにしてリボンを結びたいです。たてがみがあるのはオスなのにリボンはおかしいかな?(笑)


草迷宮

しゃべる老猫を家に連れ帰ったエルマー。だけど、おかあさんは家から放り出す。エルマーは、その猫から聞いた、捕らわれのりゅうの子供を救いに、どうぶつじまへと冒険の旅に出て・・・。エルマーの持っていった冒険のアイテムが面白い。棒付きキャンディや、チューインガム、虫眼鏡が6個、リボンに櫛など。さて、この使い道は?


ぐるり書店

アイスキャンディーやリボンがあと何個…と自分も探検家の気分を味わえます。


Book Cafe

たんたシリーズよりお話が長くなり、絵も減ります。
たんたのように1日では読めないかも?


スローな日常研究社

私が子供の頃からある本。
少年エルマーがとらわれの竜を救うものがたり。絵本ではないです。寝る前によむといいですね。きっと楽しい夢がみられますよ。

同じ『ル-ス・スタイルス・ガネット』の本

もっと『ル-ス・スタイルス・ガネット』の本を見る

同じ『福音館書店』の本

もっと『福音館書店の本を見る

ISBN

  • ISBN-10 : 4834000133 (4-8340-0013-3)
  • ISBN-13 : 9784834000139 (978-4-8340-0013-9)