あさえとちいさいいもうと

筒井頼子 [さく], 林明子 [え]
4.7
出版社:福音館書店 出版日:2007年 価格:840円

おすすめのオンライン書店

Amazon

あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)

あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)

レビュー:?件
著者:筒井 頼子
出版社:福音館書店
   『はじめてのおつかい』、『おでかけのまえに』などで知られる筒井頼子、林明子のコンビによる1979年発表のロングセラー絵本。中央児童福祉審議会推薦、日本図書館協会…続きを読む

ウェブ本棚・ブックレビューサイト

レビューがあるオンライン書店

書店員のレビューがあるオンライン書店

ダウンロード

その他の便利サービス

セブンネットショッピングのレビュー


まま♪てぃーちゃー

「あさえ」ちゃんもまだまだ小さい女の子ながら、もっと小さな妹「あやちゃん」を思いやって、お姉さんらしく世話を焼いたり心配したりする姿に、胸がきゅんとなるお話です♪店長も長姉なのですっごくよくわかります(←「となりのトトロ」でも泣いた)「読んであげるなら3才〜自分で読むなら小学校初級むき」「中央児童福祉審議会推薦」「日本図書館協会選定」とありました♪


もっちー&まめもっちー書店

 親もドキッとされせられちゃうお話です。となりのトトロもそうでしたが、無事で良かったですよね。『あさえとちいさいいもうと』『いもうとのにゅういん』『はじめてのおつかい』が好きという人が結構いらっしゃいました。2004年9月にこの棚より1冊ををご購入をくださいました御客様、ありがとうございました。英語版も出ているくらい有名な絵本ですよね。 


いくゾウ書店

2人で留守番してる時にいもうとがいなくなっちゃった!あさえと一緒にはらはらドキドキ…。『はじめてのおつかい』の「みいちゃん」も出てくるよ。みつけられるかな?


ここほれわんわん堂

筒井頼子さんの文と、林明子さんの絵が素晴らしいハーモニーの絵本です。あさえは、おかあさんのお出かけのお留守番を頼まれます。家の中には、あさえのちいさい妹のあやちゃんが寝ていました。おかあさんが帰ってくるまで起きないと思っていたあやちゃんが、泣きながら起きてきます。あやちゃんに優しい心遣いをするあさえ。そして、ドキドキする意外な展開。我が子も、この小さな姉妹達の物語が大好きです。


気まぐれななめ読み

妹が「あやちゃん」という同じ名前なので、自分のことのように思うのか、よく「読んで」といってきます。最後のシーンでは私がいつも泣けてしまいます。


時雨色

途中どきどきしながら聞いてくれたようです。こころのなかでは、あさえと一緒に走っていたのかもしれません。


eruta

めんどうだけど、かわいいいもうと。最後のだきあげるシ-ンのだらんとしたこどもの体がとてもよくかけててびっくり。


ねるねこや

妹と留守番を頼まれたあさえ。小さな妹を喜ばせたくて、一生懸命になっているうちに…。ドキドキがこちらにも伝わって、一緒に安心もするんですが、姉の心妹知らず。ぎゅっと抱きしめられた時のダランとした手によく表現されています。


てくてく

 おかあさんにお世話を頼むねって言われたのに,目を離したすきに妹がいなくなってしまって・・・
 あさえちゃんの不安と子どもの視点で書かれた街の風景がぴったりとはまります。
 読んであげたら,「お姉ちゃん,怒ってばかりじゃないんときもあるんだよね・・・」と兄弟ゲンカをしたばかりの子がポツリとつぶやきました。

 2006年4月に1冊のお買い上げ、ありがとうございました。


オオカミさんのおうち

自分が母親になってから読むと、ハラハラしちゃう!?


lovely*Bookey

妹が迷子になってさがしまくる姿に こっちもドキドキ☆ハラハラ。


ほっとCafe

大切な人が見えなくなると、不安や悲しみが襲ってくる。
家族との絆を学んだ一冊。


りすとかしのみ

読み手も毎回ハラハラしてしまうほど、臨場感たっぷりのお話。寝る前に読むと、夢に出てくるかも!?


絵本屋しあわせやおかん

姉妹ってほんとうにいいものだとつくづく思うこの一冊。姉のやさしい気持ちといもうとの甘えっこがよくできていますよ。ぜひ、2人の子どもさんができたら2人ぶんの気持ちを読んでください。


夢実屋

1982年4月発行

名コンビの絵本。

一人っ子の母にしかなれなかった私は、林さんの姉妹シリーズを読むたびにあーもう一人妹を生んであげたかったなと思ってしまう。


またコレ

下の子ができて探しました。


ショコラ堂

おかあさんがぎんこうにいってくるあいだのお留守番のあさえ。ちいさいいもうとのあやちゃんをみていようとおもったら、あやちゃんはいなくなってしまいます。さがしまわって、ようやくみつけて抱っこする時の絵が大好きです。


まりかショップ

弟が生まれてから読み聞かせました。読んでいる親のほうが先に涙ぐんでしまいます。
 自分の責任で妹が迷子になったなんて私も子どもの頃こんな切ない体験がありました。


お月見書店

お母さんに妹のあやちゃんの子守りを任されたあきえちゃん。「今寝てるからね。すぐ帰ってくるからね」ってお母さん。でも・・あやちゃんはすぐ起きちゃった・・どうする?あきえちゃん!妹思いの優しいおねえちゃん。でも大変な事件が・・・


ナガレ星

いもうとってどうして、ひょこひょこドッカいっちゃうんだろ〜。お姉ちゃんの気も知らないで!!(笑)★★あさえの焦った気持ちが臨場感たっぷりに伝わってきます。子ども視点で描かれているからなのカナ?リアルに感じたのは。今は見えるモノが違うもんネ。子どもの頃の視線とは。


ろばの本屋さん-絵本館

おかあさんがおつかいに行ってる間に、眠っていた小さい妹が起きて来たので一緒に外で遊んでいると、妹がいなくなった。あさえはあやちゃんを探して走る。 私としてはすごく気に入った絵本です。 絵も好き。ストーリーも好き。妹をかわいがっているあさえがすごくかわいい。 子供もとても気に入って、ほぼ全文暗記してしまいました。(4歳時) 


コモモの小説屋

私には弟がいて、母には母なりの兄弟像があったらしく、家には兄弟モノの絵本がけっこうありました。お姉ちゃんになる子に是非。


まいっぷ書房

【あらすじ】あさえにお留守番を頼んでお母さんが出かけてしまう。お昼寝をしていたはずの妹のあやちゃんが起きてきて、ふたりで道路に絵を書いて遊んでいたはずが…あさえがふと顔をあげると、そこにあやちゃんの姿はなかった。妹のあやちゃんを探して走り回るあさえの緊張が痛いほどに伝わる絵本である。あさえの視線の高さで描かれる大人や塀、大きな道路には圧迫感があり、あさえの緊張を見るものに伝える。「あやちゃんかも」と何度も思わせるスリリングな展開から目が離せず、一気に読み進めてしまうだろう。 【感想】林明子のイラストだからでしょう。あさえと一緒の目線で楽しんでください。【補足】『はじめてのおつかい』、『おでかけのまえに』などで知られる筒井頼子、林明子のコンビによる1979年発表のロングセラー絵本。中央児童福祉審議会推薦、日本図書館協会選定と評価も高く、続編として『いもうとのにゅういん』がある。


springtime

いもうとがいなくなっちゃった!
読んでいてもあさえと一緒にドキドキしちゃいます。


ほのぼの書店

ちょっと目を放した隙に、妹がどこかへ。兄弟ができたら読んであげたい本です。


絵本屋しあわせやおかん

おかんと姉のようで大好きな作品です。おかんも小さい時迷子になりました。姉はどのように感じたのでしょうか。おかんの場合は警察に電話する5分前隣の工場のおにいさんに担がれて帰ったおかん。あさえちゃんの気持ちがよくわかる姉。あさえちゃんにすまない。(姉にすまない)と感じている今日この頃のおかん!


スピカ書店

初版から20年たった今、小さい女の子を家の前においたまま用事を足しに行くなど、とてもできない世の中になってしまいました。それでも変わらないのは、兄弟姉妹・家族を思う気持ち、ですね。この本を読み始めると、2歳と3歳の娘が頭を並べてじいっと聞いています。娘たちの名前に読み替えて読んでいます。妹を思うお姉ちゃんの心情がよく描けている、あたたかいお話です。私にも弟がいますが・・・元気にしてるだろうか。


ママちゃんのおすすめ絵本

妹が、いなくなった!心配をし探す、あさえ。見つけた時、何も言わずに、抱きしめる、姉妹って素敵って思います。


ブレイク・タイム

息子がこの本を手にしたのは、弟ができたばかりの頃でした。
「お兄ちゃんて大変なんだね」という息子がたくましく見えました。


myshelf meili

5月配本。ちょっと長めの本ですが、好んで持ってきます。あさえが線路を書いて、妹のあやちゃんが「しゅっぽしゅっぽ」というのが好きみたい。でも、あやちゃんがいなくなる場面では、娘も怖がってその場を離れてしまいます。戸の向こうでしばらく眺めていて、あやちゃんが見つかる場面でまた戻ってきます。その情景が伝わっていると思うと、語り手としてはちょっと嬉しい♪ そして、最後のあさえとあやちゃんが抱き合っている絵で、決まって私たち親子も「むぎゅー」としています(笑)


ウナネねこ書房

お姉ちゃんなんだからって、怒られたことありませんか。お姉ちゃんだってまだ子供。お母さんに甘えたい。でもやっぱりお姉ちゃんでもありたいのです。


ほわほわ 本屋さん

この本も何度も読みました。


絵本はうす

あさえはおかあさんの留守にいもうとの面倒を見るように頼まれます。でも、ちょっと目を離したすきに妹がいなくなって・・・おねちゃんがんばれの気持ちになれる一冊です。


さ〜の部屋

子供の頃から大好きでした。私は妹ですが、お姉さんであるあさえを応援したくなりました。


ふらっと

留守番を頼まれたお姉ちゃんと妹の話です。作者の筒井さん、女兄弟なのでしょうか??/先日、絵本原画展でこの絵本の原画を観たんですよ。懐かしくて、しかも綺麗な絵で感激しました。


パンダ堂本店

ちょっと目を離した隙にいなくなっちゃうんだよね、子供って〜


カフェ「本のサナギ」

◆小さい頃すきだった飲み物と一緒に◆お母さんにお留守番をたのまれたあさえ。妹のために夢中に線路を書いていると、いつのまにか妹がいなくなってしまいました。妹を一生懸命捜すあさえの姿に、胸がつまります。


那綾の本屋さん

私にも妹がいます。
きっと、妹が行方不明になったら、あさえちゃんのように走り回るんだろうなぁ。いつもは邪魔だと思っていても(笑。


attic base

いもうとの世話をすることになって、喜ばせようと夢中になっていたら妹を見失ってしまいます。
ドキドキ、のところに入れてもいいかなぁ。
親的な視線ではおかあさん、こどもをほって銀行いったらあかんやん、と思うのですが〈笑)

3歳から


cafeCIO

『はじめてのおつかい』の次に買ってもらった絵本。私も長女で、妹がひとりいるので、これを読んだ後は「私もしっかり妹を守るんだ」などと思ったりしました。かつてはね…。


知恵の泉

筒井さん・林さんコンビの作品はどれも大好きで、「はじめてのおつかい」「いもうとのにゅういん」などどれもオススメですが、特にこのあさえちゃんのおねえちゃんぷりが羨ましく、こんな姉が欲しかったり、またこんな妹が欲しかったりしました。林さんの描く女の子の笑顔はたまりません。


絵本・育児書読みまくり堂

すごくドキドキするストーリー展開です。親のほうが、読んでて
冷や汗かいてしまった。私はすえっこなので良くわからないのですが、おねえちゃんって何歳でも下の子の面倒をみなくちゃいけないとおもっているんだなあ、と思わされました。
とくに娘が真剣な顔で聞いているのを見るとね・・・


OpenSesame!

林明子さんの絵本は大好き。


なぜなに書店

やさしいお姉ちゃん。妹はみつかるかな?


女性たちへ贈る本の店

ちょっと目を離した隙に小さな妹がいなくなった!あさえは必死に探しまわります。うちも二人姉妹。長女はすっかり感情移入してしまい、最後の場面でいつも泣いてしまいます。兄弟を思いやる気持ちが微笑ましい一冊です。


レビュー・ラビッツ書店

あさえは少しのあいだ留守番をたのまれます。おかあさんの姿が見えなくて泣く妹をいっしょうけんめいなだめて、遊んであげるところも、いなくなった妹を探すところも、ほろりとします。ちいさいころ、妹と留守番をさせられたときのことを思い出します。


さとうママ。の絵本箱

うち、姉妹なので(笑)名前をそれぞれに置き換えて読んであげたら…!今までにないくいいるような反応に驚きました!
 小さい妹を気遣うおねえちゃん。なにより、おねーちゃんを信用してちょっと用足しにいってしまう、ママの行動に核家族な時代背景をも垣間見ましたよ(今の時代ならきっと姉妹つれてくと思う)


心に響く1冊を。オススメの文庫

ちょっとの間お留守番を頼まれたあさえは、妹を守ろうと一生懸命がんばります。私は妹だったので、この絵本を読んで知らず知らずに姉に守られていたのかなぁ。なんて思いました。


Mikaの厳選本屋さん♪

おかあさんがお留守のあいだお願いされていた妹がいなくなって必死でさがすあさえ。どんなに幼くてもお姉ちゃんだなぁと可愛くなります。


はちみつぶっくす

今日はおかあさんがおでかけです。いもうとのあやちゃんと二人だけの初めてのお留守番。あさえは、どきどきです。

公園で、おかあさんとあったときのあさえの笑顔がとってもいいです。

同じ『筒井頼子』の本

もっと『筒井頼子』の本を見る

同じ『福音館書店』の本

もっと『福音館書店の本を見る

ISBN

  • ISBN-10 : 4834008746 (4-8340-0874-6)
  • ISBN-13 : 9784834008746 (978-4-8340-0874-6)